地方での生活の足は車です

都会では公共交通機関が発達し、
一方で土地価格が高い事で企業は駐車場スペースを確保する事が出来ず、
社員の車通勤を禁止しているのが一般的です。

それに対して地方の小都市や田舎町では公共交通機関が未発達で、
バス路線があっても最終便が早いため、通勤も車通勤が当たり前となっています。

地方では通勤のみならず、買い物でも車が必要な所が多く、
車は生活の足として必需品となっています。

一家に車2台も珍しくないのが現状です。

飲み会の風景も地方と都会では違います

生活の足や通勤手段が異なる事から、
会社の飲み会等の飲酒時の習慣・風景にも違いがあります。

都会では終電を気にしながら飲み会を終え、
時としてはダッシュで終電に駆け込むと言った風景も見られます。

終電までに終了すれば、普段通り公共交通機関利用で帰路に着く事が可能です。

また終電後の交通手段として、
日付が変わっても都心から郊外の中核市まで、
バスの深夜便が運行されたりもしています。

しかし地方の小都市や田舎町では、飲み会の終了時間に関わらず、
飲酒をすれば運転代行を呼んで帰宅するのが当たり前となっています。

花の金曜日の11時過ぎ頃には、飲み屋街に代行の随行車である軽自動車が、
何台も止まっている光景を目にするほどです。

ありがたい事に、すっかり運転代行の利用が定着しているのです。

都会では考えられない状況かも知れません。

飲酒時以外も便利に利用頂く事が増え始めています

利用シーンとしては、圧倒的に飲酒後ですが、
最近ではそれ以外に体調が急に悪くなった時や、眠気がひどい時や、
雪国では吹雪いた時に運転に自信がないからと依頼されるケースも増え始めています。

最近、体調の急激な悪化が原因と思われる悲惨な事故が、
テレビニュースで取り上げられる事が増えており、
安全のために運転代行を利用されるのです。

こうした利用方法は、都会でも有効な利用方法だと思います。

事故が少しでも減少する様に、
都会でも運転代行が上手に活用されると良いと思います。

オーシャン運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

福井市のオーシャン運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

■ご依頼の電話番号■
090-8094-4812