1,「運転代行業者は何故、便利、必要なのかっ?」

電車やバス、タクシーがたくさんある都心部では運転代行業者の必要性はあまり無いのかもしれませんが、日本中が何処でも都会、都市部というわけではありません。
どこの都道府県でも都心部を少し離れたら車がなければ不便な所が日本では多いので、飲みに行くのに行きも帰りも電車、バス、タクシーというのはかったるいものなのです。

そこで運転代行業者が必要となってくるわけで、車で飲みに行った後や、飲むつもりも無かったのに雰囲気で飲んでしまった時などに非常に便利なのであり、絶対に必要となってくるのです。

2,「運転代行業者を使わなかったための悲劇」

少しくらい酔いだからと言って、油断して警察の飲酒検問などに引っかかってしまったら大変です。
皆さん、飲酒運転で捕まったら結構ヤバいくらいの認識はあると思うのですが、実際に刑罰を調べてみると酒気帯び、酒酔い運転の罰則は非常に厳しく、免停90日、免取(2年欠格)、免取(3年欠格)であり、刑罰罰金は3年、5年以下の懲役又は50万円、100万円以下の罰金となっています。

車に同乗している人にも罰則が適用され、2年、3年の以下の懲役又は30万円、50万円以下の罰金となっています。
しかも飲酒で対人の死傷事故を起こしてしまったら、懲役が確定し、もし死亡させてしまったら1年以上の懲役(実質20年弱の懲役)が確定してしまうのです。

懲役や数十万円の罰金を払うリスクを犯すくらいなら運転代行を保険と考えて使った方が賢い選択である事は言うまでもありません。

オーシャン運転代行の料金設定をご確認したい場合は、利用料金からご確認ください。

オーシャン運転代行の情報

ご利用の際はお願いいたします!

–ご依頼の電話番号–
090-8094-4812